5月26日(土)ヤマモトケイジ全国ライブツアー@カンダマチノート

ちょこちょことカンダマチノートでは音楽イベントを行っているのですが、5月にも一つ開催することになりました!

岡山県をメインで活動しているアコースティックシンガーソングライター「ヤマモトケイジ」さん

 

全国ツアーをするとのことで岐阜ではここを使いたいとメッセージを受けました。

とてもありがたい!

メッセージを受けてからいろいろヤマモトさんの音楽を聴いてみましたがとても心地よい。

 

 

 

 

肩の力がホッと抜けてのんびりと歩き出したくなるような、そんな雰囲気を感じます。

直接聴くとどんなことを思うのだろう。今から考えるだけでもワクワクとします。

少し暗めの店内に、そっと散らばる音楽のきらめきを楽しめたら幸いです。

少しでも興味ありましたらぜひご参加下さい。

 

以下、イベント内容

 

ヤマモトケイジ全国ライブツアー@カンダマチノート

 

日時:5月26日(土)
OPEN:18時30分 START:19時 終了予定時刻:20時30分
場所:星時
岐阜県岐阜市神田町3-3 加藤石原ビル2F(カンダマチノート)
料金:1500円(別途ドリンク代)
ご予約・お問い合わせはメールにて受け付けます(担当:樋口)
higusan@gmail.com 


以下プロフィール。

ヤマモトケイジ

1988年 岡山生まれ

音楽家 アコースティックギターとうた

2012年より活動を始め、2013年に1stミニアルバム「夜がくる」 、2015年に1stフルアルバム「旅と窓」、2017年に2ndミニアルバム「カルン」をリリース。

2016年4月に47都道府県、計55会場を単身でまわるライブツアー「にほん一周”漂泊のてびき”ツアー」を、2017年には2ndミニアルバム”カルン”のリリースツアーとして「カルンと呼び声ツアー」を北から南、計49会場にて敢行。

生活の中にちらりとのぞく光と影や、抱えきれない喜怒哀楽。

“ほんのすこし”をひろげてうたう。

ヤマモトケイジ 


公式ホームページ
http://yofukashibiyori.com/

FBページ
https://www.facebook.com/yohukasibiyori/

カンダマチノート・オープンアトリエ!

やってきました。久々のオープンアトリエ!

普段は仕事で出払う入居者さん達もこの日はカンダマチノートに在廊しております!

来ても3階へ行けなかった、気になっていたけどなかなか一歩踏み出せず・・・そんな方、お待たせしました!

日時はここで紹介するには急になりますが明後日となります。サンビルと同じ日ですね。

どうぞサンビルと合わせて楽しんでもらえればと思います。

 

そして最初の画像は何?となったかもしれません。

今回は個別でイベントをするというのではなく全体を使ったスタンプラリーが開催されます!

 

カンダマチノートとして使われている2〜5階を全部回ってもらってスタンプをペタっと。

屋上がゴールで、全部貯めると入居者さんが用意したプレゼントが当たります!

 

小さなものから大きなものまで。外れは無しですが早く集めた人から良いチャンスが巡ってくるかも?!



自分からはこちらを。

実はこっそり実在している星時のドリンクチケットです!

1枚で500円までのドリンクがサービスとなります。

500円を超える場合でも差額の支払いで対応可能。期限もありませんので好きな時にご利用下さい。

 

他の入居者さんのプレゼントも聞くと自分が欲しくなるものがたくさん!

それでは明後日、たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしております!

演劇ニッケル×星時 演劇開催「町で待ってる」神無町筆記本(カンナマチノート)Vol.1

iPhoneImage.png

3月に開催して人気を博した演劇ニッケルさんの演劇公演。ありがたいことに4月も開催する運びとなりました。

カフェと演劇。空間と演劇を通してその場にいる人達と自然に交流が出来ればと願っております。

 

詳細は以下となります。

 

演劇ニッケル カフェ公演
【日時】
4/26(木)
19:30〜 「町で待ってる」 神無町筆記本(カンナマチノート) Vol.1
作・演出 西野勇仁
【場所】  アトリエビル カンダマチノート 2F 星時   〒500-8833 岐阜県岐阜市神田町3-3
【料金】  無料のカンパ制 (カフェでの1ドリンク注文をお願いします)
予約不要の公演となっておりますのでふらっと立ち寄ってみてください。

*********************************************************
CAFE
「演劇で、町と出会う」
ふらりと寄ったカフェで演劇と出会えたなら、
それは素敵なこと。

この度、演劇ニッケルは、そんな新たな出会いを求めて、
新シリーズ「神無町筆記本<カンナマチノート>」を始めます。

本作は、架空の町<カンナマチ>を
舞台にした連作短編集です。
シリーズを通して、登場人物同士が繋がっていき、
<カンナマチ>が彩られていく様をお楽しみください。

本シリーズは、
岐阜市神田町のアトリエビル「カンダマチノート」
2階のカフェ「星時」にて上演していきます。
観劇のための入場料は、ありません。
(お飲み物はご注文下さい)

このシリーズと演劇ニッケルの活動に対して
ご支援下さる方のみ、お志を戴けましたら幸いです。
町で会いましょう。

演劇ニッケル代表  西野 勇仁

熱量(演劇ニッケル×星時)

阿字観道場のイベントの次の日、星時の空間で演劇ニッケルさんの短編公演が行われました。

演劇を見て、その場にいる人の様子を見て、とても良いイベントに自分は恵まれたと実感しています。

 

演じる側の熱量、見る側としての熱量、それぞれお互いに大きな熱量があり、あの空間に一種別の時間が流れたようにも思う。

言ってはなんだけど星時のあるカンダマチノートの2階はそれなりに個性のある空間で、いろんなことに使う人があったけどあの空間という土台はどこか感じさせるものがあった。

 

だけど今回のこの演劇ではそこを微塵も感じさせない力を感じました。

これのなんと凄いことか!今回の演劇の空気にそれだけ意識を向けることが出来たということなのかもしれない。

短い時間でしたがとても得るものが多いイベントでした。

また4月にもやってもらえるように動いて頂いているのでその時もまた楽しみだ。

 

これはハマるものを見つけることが出来たかもしれない。

 

来て頂いたお客様、演劇ニッケルの皆さん、どうもありがとうございました。

アジカフェ(護国之寺・阿字観道場にて)

先月の終わり、雄総にあるお寺、護国之寺の中にある阿字観道場にてコーヒーを出させて頂きました。

遠い中、たくさんのお客様にご来店頂き誠にありがとうございます。

今回は自分以外にも出店して頂ける方が見え、前回よりもずっと賑やかな雰囲気で終始時間が流れていたような・・・

そもそも前回が大雪の後で大変だったというのもあるけれど(笑)

 

普段のお店は2階にあったり、無料駐車場が無いのでなかなか来づらいお客様ともこういった機会でお会いできるのは何とも有難いもので・・・特に小さいお子さんがお見えになる方は気を使って来られないという方もいらっしゃいますし。

星時としましては特に小さいお子様に関して気にしないスタンスですのでお気遣いなく。ただ、ぶつかると壊れやすいものもありますので走り回られるのは注意させて頂きます。赤ちゃんの泣き声は問題ありません。赤ちゃんは笑って泣くのが仕事です。

 

ちょっと話が脱線しました。阿字観道場でのこと。

こうしたイベントをすると個性的な面々もお店になるのですが、今回もまたお見えになりました。

護国之寺の副住職さんのお友達。なんとほら貝をマスターしております。

副住職がお願いしてくれて実演してくれました。戦国時代がここに来た!と思えるような見事な鳴りっぷり!お見事!

 

15時ぐらいからは落ち着いて後はゆるゆると。。。

庭を眺めながらのんびり出来た。ほんとここの庭は心地良い。

春眠暁を覚えずと言うけれど暖かい日光と緩やかな風。それを受けるだけで自然と目が重くなります。

2度寝も気持ちが良さそうだ。

 

次はいつあるかはまだ未定ですがまたやる機会があれば、ぜひまたお越しくださいませ。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。