詩を読んで思うこと

この間、遅くまでいらっしゃったお客様が帰り際に「詩集を作ったのですが、読んでもらってもしよかったら本棚に並べてくれませんか?」と伝えられ、そのまま一冊の本を受け取りました。

その場でパラパラをめくって読ませてもらったのですが、個人的に好きです。

 

暗い世界感の中、吐き出される感情の言葉。お洒落ではないとても人間臭い雰囲気。例えるなら「深夜食堂」みたいな感じかもしれません。

明るい世界はもちろん好きなのですが、時折ふとそんな世界を垣間見たくなる時があります。

 

詩という世界をきちんと知っているわけでは無いのですが、文字が少ない分読み手の想像力に後はまかせた!という、ある種突き放したような態度が面白いと個人的に思います。それは読み手への信頼なのか自分と同類であるか確かめる挑戦めいたものなのか。

題材は一つでも見える世界の自由度が高い世界です。

 

今回の本はあれこれ考えるよりはボーっとしながらテレビ映画を見るように何となく見ているのが良いのかな?

本棚の中にひっそりと置かれていると思うので、手にした方はどうぞその世界をお楽しみください。

ニッショー・WEBコンテンツマガジン「LIKE9月編 24コマの教訓。」の撮影場所として

大手・不動産会社「ニッショー」さんのHP内にあるWEBコンテンツマガジン「LIKE」

 

その9月編「24コマの教訓。」撮影場所として星時が選ばれ、本日公開されたページで少しだけ掲載されています。

http://is.nissho-apn.co.jp/like/like_0902/

 

キャプチャを載せようかと思ったのですが、権利的に大丈夫かな?と思ったのでここでは文章だけでお伝えします。

宜しければ上記のリンクから覗いて頂ければと思います。後半までスクロールすると出てきます。

 

紹介して下さった方、撮影をしてくれた方、いろんな方に感謝です。

9月のお休みについて(9月5日更新)

盆も過ぎ少しずつ暑さも落ち着いてくるかなと思った所に最近の酷暑。体に堪えますね。

早く涼しくなって過ごしやすい季節になればと思うのもこの時期だからこそかもしれません。

 

夏休みもあと少し、学生の時は毎年このぐらいの時期から勉強を頑張っていた気がします。なかなかの駄目っぷりです。

 

話がそれました、9月の休みについて。いつもの水曜日と第4木曜日以外での営業時間の変更ですが以下になります。

 

9月12日(火)カンダマチノートミーティングの為、18時閉店。

 

9月14日(木)貸し切りの為、16時から開店します。

 

9月16日(土)所用の為、19時閉店となります。

 

9月29日(金)Songsさんで出張コーヒーの為、17時閉店予定。

 

 

以上です。

10日(日)は13〜17時で「マチつなマルシェ」と言うフリーマーケットがカンダマチノートのワークショップスペースで開催されます。カバンや食器などちょっとした良いものが並ぶと思いますので是非足を運んで頂ければと。自分もそれに合わせて何点か出品する予定でもあります。

昔、古道具をちょこちょこと集めていた時期があるのでその辺からいくつか。こちらもどうぞお楽しみ下さい。

現在展示中、IAMASって何??

さて、昨日から9月2日まで、カンダマチノートでは大垣にある大学「IAMAS」の展示が始まります。

と言ってもIAMASって何?というのがほぼほぼ大多数の人の頭の中で浮かんだことと思います。

まさにそれ!そのIAMASって何?を解消するための今回の展示です。

 

情報科学芸術大学院大学、この言葉を英語にして頭文字を取ったものがIAMASとなり、呼ばれています。

 

公式HPから引用

 

「IAMASは先端的技術と芸術的創造との融合を理念に掲げ、新しい文化を発信する教育機関として、また情報社会の中での新しい表現者の養成拠点として開学しました。」

 

とあるように岐阜という土地からはあまりイメージが湧かない世界です。ですが実は県外の人の方が知っていたりしまして、自分のツイッター上でも静岡の人がIAMASのことを知っていました。

 

岐阜にあるからこそ岐阜の人には是非知ってもらいたい。そんな想いが今回の展示には込められています。

なので今回の展示は展示内容について深く掘り下げるというものではなく、こういったものをIAMASでは発表しているんだよというスタンスです。昨日話しをさせてもらった時に、向こうの方からは「IAMASが行う研究の多様性を知ってもらいたい」ともお聞きしました。展示スペースは区分けすると3つ(4つ?)になります。

こちらは今年の卒業生の作品・発表がテレビで映し出されて流れています。本棚には過去の卒業生の発表の本が閲覧用として置かれています。

こちらは過去から現在にかけて継続中のプロジェクトについての展示。旧根尾村に住んでいる人たちの生活文化を考えながら新しい技術との共生を模索して、どう社会に繋げていくかというもの。角の展示がインパクトがあって目を引きます。

こちらは過去の卒業生たちが生み出した作品や成果。つい手にとりたくなりますがお手は触れないように気を付けて下さい。

入って正面からすぐ見えるこちらのテレビの映像は現在もIAMASで履修している在学生の作品です。前に積まれている冊子は無料でお渡ししておりますのでどうぞお持ち帰り下さい。

 

ざっくりと説明しましたが如何でしょうか?写真を載せましたが実際見てみるとまた違って見えてとても面白いですよ。個人的には本棚に置かれた過去の卒業生の発表した冊子が面白かったです。

普段は無人で展示されている空間ではありますが、30日の水曜日に行われるイベント「おとなの学校」にはIAMASの人が来られます!どんな話になるのかは分かりませんが、なかなか聞けないような世界を体験することは出来ると思います。興味のある方は是非足を運んでみて下さい。

 

FREE PAPER ROOM

また今週も3つほどフリーペーパーが入荷されました。今回のはちょっと個人的に面白系なので見てて楽しいです。

さて、以前に来週からIAMASさんの展示がある為フリーペーパーを一時撤去しますとお伝えしていました。

さてどうしよう・・・と考えた結果。

フリーペーパールームを作りました!

 

元々このスペースは8月いっぱい、大垣で建築設計をされているTABさんが使用されています。

今は特に何もされていなかったので連絡を取ったら無事許可が出ました!ありがとうTABさん!

部屋に行くまでの道のりもペタペタとフリーペーパーを貼ってみたり。。。

 

入口にはさかだちブックスさんのショップカードを貼ってみました。店番は頼んだ!

 

中はこんな感じです。

端に椅子や机を並べてそこにフリーぺーパーを並べて。。。

壁にもいろいろペタペタ貼ってそれらしくしてみました。

 

ざっくりとした全景。

これでIAMASさんの展示期間中も楽しんで頂けると思います!

フリーペーパーなのでもちろんテイクフリー。

 

皆様のお越しをお待ちしております。どうぞ楽しんで下さい!