花きっつぁん。

この前の腹ペコは昼の部ということで集合までにちょっとやなブラなど。。。

こうして日々ぶらぶらしていると小さな変化があったりと面白いのですが、この日は大きな変化がありました。

 

金公園方面から柳ケ瀬に入ってまっすぐ、高島屋に着く前に以前リトルクリエイティブセンターがお店を構えていた場所があります。

ここしばらくシャッターが閉まっていて、そういうもんだと思っていたらシャッターが開いている。

そして雑貨が置いてある!

 

ちょっとワクワクドキドキしながら覗かせてもらおうとすると入口に看板が。

 

「花基地」

 

あれ?と思いながら中に入ってお店の方に話しをしてみるとよくイベント出店されていた人だ!

と思っていたことが当たりました。

どういったご縁かは分からないけれど嬉しい!

 

星時のテーブルに飾られているドライフラワーたちは実は花基地さんで買ってきたものになります。

以前、金公園で行われていた”つながりフェスティバル”でお会いした時に良いなぁと思って買ったのは自分の中では記憶に新しい。

 

そんな出会いがあった人がこうしてご近所さんになるのは嬉しいなぁ。

 

しばらくは店舗のディスプレイを触りながら不定期に営業されるとのこと。

公式サイトに営業の有無など随時伝えているので気になる方はぜひぜひ。

サンビルの時はやっているだろうからその時に覗かれるのが一番良いのかも。

 

タイトルの名前は書いてみたけどどうだろう。名前の終わりが「〜キチ」という形だと江戸時代の「〇〇っつぁん」みたいに思わずにはいられない。

 

花基地

http://hana-kichi.com/

何もない ほんとに何も ないのかな

タイトルをさっと書いてみたら、俳句みたいな形になったので意味なくスペースを入れてみました。

 

おや?柳ケ瀬・ど真ん中の空地で若者がたくさん集まって何やら熱心に話しを聞いている・・・?

なんだなんだ。。。怪しい集まりじゃないだろうな・・・

 

・・・なんてことはありません。

この集まりはれっきとした授業の風景です。

岐阜大学の出村先生が企画した特別講義。中心市街地活性化の活動をしているワークヴィジョンズの西村浩さんを呼んでの公開授業でした。

 

休憩をはさみながらも3時間の長丁場。久々に長い集中力を使った気がします。

それでも内容はとても面白く。実際に西村さんが行った佐賀県での実例を踏まえながら、時間一杯まで濃い内容を教えて頂きました。
今回の大きな内容としては、まちの価値を高めるために、人に集まってもらう為にはどうするかという流れだったと思うのですが、これってまんまお店作りにも同じことが言えるんじゃないかなぁと話しを聞きながら感じました。

 

今の星時の場所、カンダマチノートもなかなかの立地条件ですからね(良くも悪くも)

改めて条件をひとつずつ抜き出しながら、個別に一度考えていくことで今まで見えなかったやり方も見つかるかもしれない。

今度の連休中にでも真面目に考えてみよう。

講義が終わればみんなでバーベキュー。

思えばバーベキューをちゃんと参加するのはいつ以来になるのか。。。

去年も何回か誘ってもらってたけど全然行けなかったんだよね。


夕方から始めて結局夜まで賑やかな空間が続く。

こうして空地で賑わっていると、通りを歩く人も何をしているんだろうと興味を持って覗いてくれます。

このやりとりが活性化の一歩に繋がるんだろうなと授業のことを思い起こしながら感じました。

 

まぁしかし大人勢とは会話を交わせるけど学生さんに話しかけるのは何だか照れてしまい話せず。

学生さん達の考えを知りたいとは思うけど、いやはや難しい。

もうちょっとその辺の踏み込み方も経験していかないとなぁ。

時間軸での扉の先を覗いてみたいくなる。

 

昨日は雨

晴れていたら原付であそこへ行って、ここへ行ってと予定をしていたけど全部流れる。

 

さて、どうしたものかと思いながらも電車に乗って岐阜駅へ。

 

そこからはお茶をしながらぶらぶらダラダラ。傘をさしながらのんびり歩き回ってgallery captionさんへ足を向ける。

今は常設展示ということだけど気になる絵があったのでそれを目当てに。

 

ギャラリーというと中々入りづらいという感覚がある。

だけどその中でもいくつかのギャラリーはそんな気持ちにならずどこか「お邪魔しまーす」と言った感じで気楽に入ってしまう場所があり、自分の中ではgallery captionさんはそんなギャラリーの一つ。

 

その気楽さはどこから来ているのかなと考えると光が差し込んでいるというのがあるのかも。

窓からの光があるだけで空間が呼吸していて、どこか柔軟性と弛緩させる浸透性を感じているのかも。

勿論、お店の看板 山口さんの存在もあると思う。

 

お茶を頂きながら山口さんといろいろ話しをさせてもらったけど2009年に企画されたまち歩き「いつものドアをあける」の話題が一番楽しかった。

これはpand、cocon、gallery caption、八幡神社、岐阜市文化センターの五か所が様々な要素を交わし、展示し、見る人にまちを回ってもらう面白い企画。

 

当時のカタログを見させてもらったけど、captionの空間にpandさんの雑貨とcaptionの扱う作品が綺麗に収まっていたり、pandさんの空間にスーッとcaptionの作品が混ざっていたりとかなり面白い。特に今のcaptionの空間に慣れていると、同じ空間でもこんなに変わるんだ!って驚きもある。

 

カタログの最後のページにはエッセイのような文があり、ドアを隔てた両面からの対称性という内容で面白かった。

 

企画した年から考えると来年で10年!何か節目な感じもするし、また同じような内容で企画してもらえたら嬉しいなぁ。

時間軸からの対称性として昔と今での違いも感じられて(当事者には)何か発見があったりしないかなと思います。



 

話しの流れでついつい寄ってしまう八幡神社。

 

雨だからベンチとかに座れなかったけれど、木の葉に触れる雨の音が静々と心にも触れる。

 

どんな時にでも寄り添って佇むこの場所はやっぱり良い。

ほぐす、緩める(美殿町・MITONO hair & E)

以前、美殿町に新しいヘアサロンが出来るよ!と告知していたのですが、あれから正式にグランドオープンしました。そして昨日初めて伺ってきました〜。ワークショップの時はがらんとしていたけど今はこんな風に!

 

今回は飛び込みで伺ったため、ヘッドスパ(ショート)をお願いすることに。

シャンプーブロー込で30分ちょっとかな。実はヘッドスパは初体験!

 

最初に頭を洗ってそこから頭に手を当てて頭のツボ全体を刺激していきます。

その動きはまるで太極拳・・・!強く刺激することなく、じっくりとじっくりと刺激していきます。

 

それがまた心地よく、短い時間でしたが瞼は重く、目はトロンと・・・寝たかったなぁ(笑)

短い時間でしたがそれでも重たかった頭がかなりすっきりとしました。

フルにするとツボ以外にも頭全体・頭皮の筋肉(?)もほぐしていくとのこと。こちらも気になる。

入口にある木製のベンチ。たまに通りがかると店主さんとお客さんが休憩がてら談笑している姿を見かけます。

次は時間のある時に伺ってここに座りたい。

 

正式名称はMITONO Hair & E

”E"はエトセトラ。ここではヘアサロン以外のことも今後手掛けるようです。

FBを覗いてみるとネイルケアなどもされているみたい。

 

Eをどんどん楽しんでみたいな!

美殿町のニューフェイス(ヘアサロン・MITONO HAIR&E)

カンダマチノートのお隣、美殿町に今週末3月30日、新しいヘアサロンがオープンします。

場所は徒然舎さんから斜め向かいです。近い!

写真はこの前行われた左官ワークショップスペースの一コマ。自分は営業があったのでケーキだけ差し入れしてきました。

 

後から他の方のSNSを見ていると近所の方がふらっと寄っていたりと賑わっていたみたい。

新しい賑わいがまた新しい流れを引き寄せると言いなぁ。

 

”&E”とはなんだろ?と思ったらエトセトラのことみたい。最初はヘアサロンのみの業態だけど今後また違う何かを出していきそうなのでその時がまた楽しみだなぁ。。。

 

徒然舎で本を買って、その足で本を読みながら髪を整えたり。まだ読み足りない時は星時に来てもらって続きを読む。なんてコースは如何でしょうか?朝一で髪を整えて気分新たに街を散策するのも楽しいだろうなぁ。

 

MITONO HAIR&E

HP

http://mitonohair.com/

 

ツイッター

https://twitter.com/MITONOHAIR_andE