ターニングポイント

この間常連さんとの会話からご飯会が開催。期間が短いものの声を掛けてみたらいろんな方が集まって楽しい時間となりました。

自営をされて長い人もいて、その人達の言葉は始めて間もない自分にはとても染み入る言葉でした。

続けなあかんよね、まずは。まずはそこから始めよう。

FBを始めたことで大学時代の人と再び交流が出来、写真のように同期が遊びに来てくれることも。

写真の同期は同じコントラバスパートの子。お互い4年間頑張っていたよねぇ。同じパートの同期はあと北海道に一人。コントラバスが同じ学年で3人はかなり珍しく、だからこそ面白かったなぁ。

 

この前のラジオでも少しだけ話していたけど今の自分が形作られたのは間違いなく大学での4年間が大きい。

喘息の影響で内向的だったけど喘息が一応治り、地元を離れ、あの時から上手く自分をリスタート出来たんだと思う。いろんな出来事があり波乱万丈な4年間だったけど、こうしてその時出会った人が訪れてくれるのを感じる度に、かけがえのない時間だったんだなぁと思います。

発信のそれぞれ。10年の積み重ね。

ここ数年でSNSが発達して自分から何か発信するという手段は本当に増えてきたと思います。そんなSNSが出てくる前、情報発信といえば何があったのかな?mixiが流行っていた時、それと同じぐらい自分の中ではpodcastというものが流行っておりました。podcastって何?というと個人・企業が発信するインターネットラジオになります(あってるかな?)itunesではジャンルカテゴリーにあり、そう考えるとメジャーなものでもあったのかも。

 

企業のものも面白いのですがそれ以上に面白いのが個人での発信。今思えば音声版のフリーペーパーでもありますね。すっごい馬鹿馬鹿しいものから専門的なこと、ちょっとした業界の裏話的な。個人だからこそいろいろとやりたい放題でもあったと思います。

 

各地方にいろいろと発信する人がおり、岐阜でももちろんいます。今も思いついては聞かせてもらっているのが「ヒデのリトルラジオ」という番組です。実はこのラジオ大変な長寿番組でして、その期間なんと10年!毎週土曜日に2時間ほど流されており、つい最近500回の大台を突破しています。

 

自分も一度だけ家兼スタジオにお邪魔して収録に混ざらせてもらいました。ものすごい緊張していたのだけ憶えています(^^;

昨日はそのラジオを発信しているヒデさん達が星時に遊びに来てくれてフライヤーを頂きました。ありがたい!

 

最近いろんなお店の人と話す機会があるのですが、続けるということが何よりも大切ということをよく聞きます。10年、目指すべき目標だなぁ。

サステイナブル ギフシティー

昨日一昨日の連休を頂いていたのですが、お誘いを受けてアンノンティーハウスさんで企画された交流会に参加してきました。

岐阜市を良くしていこうという話ではあり、その中で今の現状をどうかという話題もあってなかなかに勉強になりました。

 

自分の時間の中でこういう事を考える機会はほとんど無いのでこんな風に「考える時間」を作ってくれるのはとても助かります。

その中で感じたことはカガミガハラスタンドの寄りあいでも聞かせてもらった「全国に大きな影響を与えている企業があっても地元の人は全く知らない」ということに尽きます。

これをどうするかというか「見える化」させるにはどうするかですよね。答えはいくつもありそうですし、それぞれに課題もありそう。んー難しい。

地元の人に地元の良さを知ってもらい、尚且つ消費してもらいたい。理想ではありますが実現に進めたらすごい事になるのではと。

 

コーヒーの世界ではスペシャリティーコーヒーという言葉の他に「サステイナブルコーヒー」というカテゴリーが浸透してきています。

サステイナブル=持続可能な

消費者・消費地だけのことを考えるのでなく生産者・生産地のことも考え、遠い未来もこの産業が続けられるよう働きかけないといけないという考えです。

 

コーヒーでのこの知識は知っていたのですが、自分の住むこの土地にも言えることでもあると考えさせられました。どんなに素晴らしい技術があっても続けられる土壌を作らなければ絶えてしまい、復活させることは容易ではありません。

 

何だか書いていて上手くまとまりません。一人で考えてもまとまるものじゃないかもしれないなぁ。人と話して整理して、そこから先に進めるのかも。

んー今日の文章はグダグダだ。

 

でも良いきっかけをもらえたことは確かだなぁ。

住人の仕事

今月のカンダマチノートのミーティング。先月のオープンアトリエの感想から最近のビルのことなどいろいろと話しが行われました。

その後、5階の部屋を借りているIさんからカンダマチノートの新しいサイトについてプレゼンが。

合わせてWEBデザインの仕事って何?なことも教えてもらう、ぷち大人の学校が開催。全部で30分ほどでしたが、そんな短い時間でも新しいカンダマチノートのサイトの意図、WEBデザインの仕事って実は裏でこんなことしているんだよってのが分かりやすく教えてもらえました。

 

どんな仕事でも実は大変なんだなぁと思う。特にここのビルに入っている人達はみんなそうなんじゃないかな。作品という最後のだけしか表では見ることが出来ず、そこで評価されていくんだけど。そんな人達の裏側をのぞけるここはそういった意味でも面白い。

 

そんな5階のIさんが作ったカンダマチノートの新しいサイト。宜しければご覧ください。

 

カンダマチノート

http://kandamachinote.com/

そんな場所

この前、自分よりずっと年齢の低い子から悩み的な話をお店でずっと聞いてた。

ヒマだったしずっとダラーっと会話して時間が来たから見送って。

人生相談に応えられるほど人生経験豊富でもないから相槌を打ちながら聞くことぐらいしかできないんだけどそっちの方が向こうにとってもちょうど良いんじゃないかなと思ったり。

 

ここはそんな場所で良いんじゃないかな。その子にとっては。

すでに頑張ってるけど頑張ってね。心の中でひっそり応援しています。