新着フリーペーパー

めっきり寒くなってきた中、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

今年も残すところ2か月も切って、、、本当に早いなぁ。

 

さておき、フリーペーパールームに置いている数がありがたいことに少なくなりましので、新しいフリーペーパーが登場しています!

 

 

 

まずは土岐市観光協会が発行している「ときびより」

見開き1ページのフリーペーパーとなります。内容は土岐市の観光場所の案内とお店1件の紹介、後は後ろにイベント情報が少し記載されています。情報量が少ないのかどうなのか公式HPには出てきません。どんなものでももっと宣伝して欲しいなぁと個人的に思います。表紙が毎回ステキです。

個人的に嬉しい岐阜のフリぺ。

こちら徳島からやってきた「LINK!mag」

印刷会社さんが作られるフリーペーパーで、内容が印刷に関することが書かれていて読んでいて興味深い。

独立することで印刷物に関わることも増えて、どういった流れで作成されるのかより好奇心を持って入り込めます。

最新号のテーマは色。過去から今までの流行色が載っていたり、色についての豆知識が載っていたりと面白いです。

 

 

この2つ、どちらもフリーペーパールームに今日から置いていますので気になる方はどうぞお持ち帰り下さい。

新入荷フリーペーパー

最近バタついてあまりフリーペーパーの紹介できなかったので遅れましたが紹介など。

こちらは北海道から届けてもらったイララ。イラストが多めで見ているだけでも楽しめます。表紙もかっこいい。

投稿してもらった作品に関して編集部の感想があったりと評価も含めているので投稿した人にとっても面白いかもしれませんね。

こちらは山のフリーペーパーPO!さんからオススメしてもらったyumetunaという一冊。

夢と切なさを扱っていて読んでいるとちょっと郷愁な気持ちが浮き上がります。文章量も多いのでのんびり読むのにオススメ。

こちらは奈良県から送ってもらった、ならほるもん。バックナンバーを見させてもらうと早7年ぐらい。自分がまだ関西にいた時から発行されていたとは!全然気づけなかったなぁ。当時でもきっと気に入る作品なのに・・・

テーマに沿った内容で今回はエクスタシー。言葉の響きとは違って別にエロさはありません。いろんな気持ち良い体験はありますよね、そんな面白さが載ってます。

 

以上3つですが、まだまだたくさん届いてます〜。無くなることで新しいものも補充できますのでがっつり持っていって下さい!

フリーペーパー・おかわり(agara・遊撃手を探して)

ただいまカンダマチノートのフリーペーパーコーナーはこんな感じになっております。

先ほど入荷したものを並べてUPしたらまた到着したので、おかわりなど。

まだまだ到着するものがありますのでどんどん持って行って下さい!そして欲しいフリーペーパー情報があったら是非教えて下さい!自分も連絡してみます!

 

溢れんばかりとなった全国のフリぺ達。。。

こちらは和歌山から届いたAgara。見た雰囲気、岐阜美少女図鑑を思い起こさせます。

発行元がフォトハウスということもあり写真がメインで後半にいろんなコンテンツが設けられています。

その中でも個人的にオススメはOTHER STORIESというコーナー。和歌山のお店の人にスポットを当ててのインタビュー。物語りがあって面白い。

こちらはつい先ほど届きました。大阪から来た「遊撃手を探して」

ギャラリーに出入りする8人とスペシャルゲストを呼んでの9人で作るフリーペーパー。各人が好きなことを書くので統一性はないとのメッセージを受けましたがそれが良い!9人というのも野球になぞらえているからですかね。

開くとA4サイズの紙になります。個人としてというかお店としてありがたいのが〇〇を探せコーナーと切って作るコーナー。

小さなお子さん向けの本がお店にまだないのでヒマそうにしていたら今度から使わせてもらおうと画策しています。

 

気になったものがあればどうぞお持ち帰り下さいませ。

フリーペーパーいろいろ届きました(LUCKND、バッテラ、TANOKURA、よりみち.)

カンダマチノートにはまたいろいろなフリーペーパーが届きました。

 

LUCKNDはモノづくりに焦点を当てたフリーペーパーになります。目に見える部分だけでなく目に見えない部分を支える人も取り上げて、彼らがどんな思いでいるのか、そういったことも伝えています。面白いのはフリーペーパーには特別なパスワードが記載されていて、それをサイトに入れることでさらに深いページも覗くことが出来るという紙媒体とWEB媒体2つを活かす形です。どうぞその面白さを見てみて下さい。

こちらは大阪からやってきた短歌で遊ぶフリーペーパー「バッテラ」

イラストやレイアウトがパッと見た時まず興味を惹かれます。短歌と俳句の違いがまだ今一つ理解していない自分ですが読んでいてとても自由でのびのびした印象を受けました。続けて作品を並べることでよりストーリーがイメージ出来、ショートストーリーを読んでいる気分にもなります。ツイッターに慣れている人だったらよりスッと入り込めるかも。



栃木から届けられた「TANOKURA」とてもしっかりと充実したコンテンツがいくつも織り込まれています。バックナンバーを含め全部読んだのですが最初に来る特集が毎号楽しい。なかなかに縁遠い栃木の土地ですが、この本から垣間見える土地の空気がとても面白く感じます。一度だけでなく何度か振り返りたくなるそんな一冊。

兵庫県は豊岡からやってきた「よりみち.」表紙を見てグッときた方、その感性を信じて下さい。

毎号この質で出し続ける製作者の人達はほんとすごい!まだ全部を読み切れていないのですが全部読みたい。そんな気分にさせてくれた一冊です。何気に星時で出したチョコムースとコーヒーゼリーを半々織り込んだケーキのきっかけはこの本の写真からだったりしたことが後から分かりました(笑)

世界文庫アカデミー(はじめるということ)

フリーペーパーのことを検索していたら、いろいろ巡り世界文庫アカデミーの生徒さんと繋がることが出来ました。

世界文庫アカデミーって何だろう?から始まるのですが、いろんな人が持つそれぞれの夢を叶える手助けをしてくれる場と言えば良いのかな?

そして生徒さん達のコースの中にZINEやフリーペーパーを作るものがあり、今回その生徒さんのフリーペーパーを送って頂くことになりました。

 

送られてきた5つのフリーペーパー。それぞれに特徴があり、工夫があり、面白さがあります。

数ページのものですが確かにあるものとして実現出来ているのは素晴らしいなぁと感じます。自分も何個か個人的に簡単なZINEを作ったことがありますがいろいろ考えちゃうんですよね。自分なんかがーとか。

作られた方々がどんな気持ちだったとかは分からないですがそんな気持ちのハードルを越えて完成させたのは大きなものとして残るんじゃないかなぁって思います。

 

見ているとちょっと勇気をもらえるそんなフリーペーパー達。入口近くに置かせてもらっているのでぜひご覧ください。