スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マグロみたいなもんですよ

 

昨日、カンダマチノート前の花壇に植えた、ブルーベリーの木から実が熟しているのを発見して初収穫。

確か今年の始めあたりに植えた気がするのでいつの間にか成長しているんやなぁとしみじみ思う。別の品種も植えた方が育ちが良くなるとあったのでもう一つ植えているけどこちらは全然それっぽい姿が見えず。今年は出てこないのかな?

 

同じ空間にあるハーブ達も今が青春真っ盛りと言わんばかりにわっさわっさ成長。

おかげ様でケーキの飾りつけに大活躍です。

 

 

 

昨日、二言三言話しをしたことがある人が柳ケ瀬近くでお店をするという話しを知った。

飲食店というかカフェの世界の人。

 

こうして柳ケ瀬界隈にお店が増えるのは仲間が増えてとても嬉しい反面、同じ業種であるところから怖い部分もある。

けれど他のお店を考える前に、今ここに来るお客さんに対して何が出来るかを考えて行けばそういう考えも自然と無くなるんだろうな。

 

ビビりなのでなかなかどうしても頭にちらっと出てくることは仕方ない。

 

せっかくご近所さんになるんだから一緒に何か出来ることを考えて、人がもっと集まるようにしていきたい。

今ここにいる人しかいないと思うから不安になるので、今ここにいない人が来るようにしてしまえば問題ない。

 

駐車場が無料じゃないからそうそうここには来ない。

お店を出してから度々を聞くこの言葉。この言葉は痛いなぁと思う反面、聞く度に勇気ももらう。

有料でも良いからこのエリアに来たい思ってもらえたらこの車社会の岐阜、少しの割合でも結構な人が集まるのではないか。

そんな風に思います。

 

だから動き続ける、考え続ける。

その部分が鈍くなったら一気に魅力が薄れていくように思う。

その様子はマグロみたい。

生きるためには体であっても頭であっても何かしら動き続けないとなぁ。

スポンサーサイト

コメント