新着フリーペーパー

めっきり寒くなってきた中、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

今年も残すところ2か月も切って、、、本当に早いなぁ。

 

さておき、フリーペーパールームに置いている数がありがたいことに少なくなりましので、新しいフリーペーパーが登場しています!

 

 

 

まずは土岐市観光協会が発行している「ときびより」

見開き1ページのフリーペーパーとなります。内容は土岐市の観光場所の案内とお店1件の紹介、後は後ろにイベント情報が少し記載されています。情報量が少ないのかどうなのか公式HPには出てきません。どんなものでももっと宣伝して欲しいなぁと個人的に思います。表紙が毎回ステキです。

個人的に嬉しい岐阜のフリぺ。

こちら徳島からやってきた「LINK!mag」

印刷会社さんが作られるフリーペーパーで、内容が印刷に関することが書かれていて読んでいて興味深い。

独立することで印刷物に関わることも増えて、どういった流れで作成されるのかより好奇心を持って入り込めます。

最新号のテーマは色。過去から今までの流行色が載っていたり、色についての豆知識が載っていたりと面白いです。

 

 

この2つ、どちらもフリーペーパールームに今日から置いていますので気になる方はどうぞお持ち帰り下さい。

明日16日の営業について

明日ですが、岐阜幼稚園で10時から開かれる「こよみのよぶね」ワークショップに参加する為、13時からの営業となります。

お客様にはご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。

PHOTO STAIRS

 

カンダマチノートの5階・入居者「YUKI PHOTO」の平松さんがカンダマチノートの階段を使った面白い写真展を作っています。

 

「視ることを怠らず 考えることから逃げない」

 

写真を通して何を伝えたいのか。平松さんと話しているとそのことをいつも意識していることが分かります。

ただ綺麗ではない、見た時に惹きつけるものがある写真。

飾られた写真を見ていると言葉には上手く出せないのですがその思いというのは朧げながら伝わってくる気がします。

 

2階から3階の階段に向かう所。ピシッと貼られてます。

「もっと斜めになったものが出来るかと思ったけど意外に俺几帳面だった(笑)」

 

3階へと上がる階段部分。この写真は途中経過の時なので完成はもう少し変化があるかと思います。

全部で100枚ほどの写真達。思わず立ち止まって見てしまいたくなる1枚ばかり。

しばらく飾ってありますので星時に来た時、ふらっと何となくカンダマチノートに立ち寄った時、何となく見上げてみるのも如何でしょうか。きっと見ているうちに何かの「気持ち」が浮き上がってくるかもしれません。

 

 

平松勇樹 

HP

http://yukiphoto5.wixsite.com/yukiphoto

 

Blog

http://yukiphotoh.exblog.jp/

 

2017/11/12、今日の営業について

おはようございます。寒い中各地でイベントが開かれているようですね。

今日の14時過ぎですがメディアコスモスのイベントに関連して星時と主に2Fにあるフリーペーパールームへ見学者がこられます。

人数は15名ほどと普段のお店の規模で考えるとびっくりする人が一気にお見えになります。

 

14時過ぎから星時に行こうと計画されている方は驚かれるかもしれませんが何卒ご容赦下さい。

見学だけですので一般の方の利用は特に問題ありません。

 

今日もいろんな方のご来店を心よりお待ちしております。

下戸の酒好き

最近柿を安く買うことが出来たのでコンポートにして使っています。岐阜といえば柿!栗と合わせて何とかケーキとして出せるようにいろいろ考えています。組み合わせとしてはアッサムティーとの相性が良かった。

 

さて、タイトルですがそれだけ見るとなんのこっちゃです。

自分が作るケーキですが少量ではありますがお酒を使うことが多いです。全部のレシピを確認すると大体半分以上のものになんらかの形でお酒を入れています。

そして自分はほぼ下戸。どれくらいかというとチューハイ缶を100佞阿蕕ぐむと顔が真っ赤になります。

ケーキに使うお酒はアルコールを飛ばしたりすることもありますが、殺菌という目的で使うこともあり、アルコールを飛ばさず使用することもあります。

ですのでそのまま使うケーキを試食すると20~30分後に顔が赤くなって酔ったーとなるパターンがちらほらと。特に最初のケーキの試作は調べたままの量でやるので大体自分の許容オーバーになることが多い。みんな酒に強いなぁ。。。

 

ちなみに星時で出す酒を含んだケーキの合格ラインはまず自分が食べて酔わないことです。

しかし何でそんなに酔っぱらうのに酒を使うのと言われると個人的にお酒を入れた方がケーキとして美味しく感じるものが多いから。入れた方が断然風味が広がり、味に含みを持たせることが出来ると感じてます。

 

酔うか酔わないか・・・微妙なラインで作ることはチキンレースみたいで疲れますが面白いです。そういった意味で今作っているシュトーレン風ケーキはまさにといった感じでしょうか。

 

もし営業中に顔が赤らんでいたら「あ〜ケーキにやられたんやなぁ」と微笑ましくみてもらえればと思います。