スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

メニューに英語版が追加されました。

星時では少しではありますが海外の方がお見えになることがあります。また、岐阜住まわれている海外の方が旅行で来られた方を連れられて来店する時があります。

その時に見て気づいたこと。メニューを見ても良く分かないのか曖昧な顔をされる。。。

日本語しか書かれていないのですから考えてみれば当たり前のことで。自分も大学時代に海外へ旅行した際に同じ顔をしていたと思います。

 

分からないメニュー表見ても不安ですよね。これは一体どんな味でどんな飲み物なのか・・・

注文しても嫌いなものが入っていたら嫌ですし。

 

話は少し変わり、星時では毎月ではありませんが定期的に海外の方と英語でコミュケーションを取ろう、岐阜のことを伝えようというイベントを「エクスペリエンス ギフ」という団体が開催しております。

 

これだ!

 

早速メインで活動している人に連絡してメニューの英語化をお願いしました。そして今あるメニュー表のデータを渡し、後日変更されたメニューが届きました。

 

店主自身は英語のやりとりに関してかなり不確かなので、会話でのコミュニケーションを取るのは難しいけれど、このメニュー表があれば最低限の内容は掴んで頂けると思います。

どんなきっかけにしろ来て頂いたご縁、このメニューで少しでも良いものが残ると良いなぁ。

コーヒーゼリーの季節です!

今日は雨でヒマそうだなぁということでちょっと焙煎など。

エチオピア・アラカ・サンドライを深めに焙煎しています。

表題の通り、コーヒーゼリーを始めるのでそれように使います。

 

このエチオピアすごい香りが良いんですよね。水出しのアイスコーヒーにするとほんと濃密で重厚感のある香りがあり、思わずお酒かな?と思ってしまうほど。

去年のコーヒーゼリーは香りづけにラムシロップを添えていたのですが、このコーヒーゼリーなら香りづけはいらないかなと。

来週から暑くなるそうなので体を冷やすのに是非お試しください。


珈琲豆を漬け込んだ水出しを濾過している一枚。

濾してる最中にも香りがお店に広がります。

スコーンもうすぐ始めます。

最近のインスタグラムを見て頂けれると分かるのですが、ここ一週間ほどひたすらスコーンを焼いておりました。

きっかけは恵那のミルさんで購入した全粒粉スコーン。これがまた美味しい。

こんなのを自分も作りたいなぁと食べていて思ったのです。

 

しかしスコーンなるもの。一度も作ったことが無い。

よいうよりも焼菓子と言われるものをほとんど作ったことがないんですよね。

 

そんなもんでネットで調べて気になるものを実践する毎日。

そこで改めて気づいたことは素材による味への影響。

 

小麦粉の種類による生地の違い。バターの種類、ベーキングパウダーのアルミニウムの有無などなど。

今までさらっとしか考えてなかったものときちんと向き合った一週間でした。

 

改めてお菓子の世界は複雑ですね。そして興味深いです。

 

そんなやりとりをした中で出来たのは上のコーヒーとくるみのスコーン。

そしてこちらのドライフルーツのスコーンです。

 

対になるような形でやれたらと思ったので2種類はちょっと違いを出してます。

コーヒーとくるみのスコーンはザクザク感とコーヒーの香りとナッツの風味。どちらかと言えばしっかりとした印象になるように仕上げました。

 

もう一つのドライフルーツのスコーンはドライフルーツの持つ酸味や甘み、しっとり感を残すように仕上げています。

 

なのでコーヒーやミルクを使ったドリンクなどにはコーヒーのスコーン。紅茶やソフトドリンクにはドライフルーツのスコーンが合わせやすいのではないかと思います。

 

デザートとしてお出しする時はスコーン2個に生クリームとソースをかけて出す予定です。

 

お店で見かけた時はぜひ楽しんで頂ければと思います。

明日、23日の営業について

23日の営業ですが、13時からの営業とします。

ご迷惑をお掛けしますが何卒よろしくお願いします。

マウアさんお弁当BOX・オープンアトリエ・サンビル交流会

タイトルが長い。でもやったことを合わせるとどうしても長くなるので仕方ない。

 

この前の日曜に行われたカンダマチノート・オープンアトリエにお越し頂いたお客様、誠にありがとうございました。

サンビルの日に合わせたこともあり、たくさんの方にご来店頂け、時にカフェ利用に関してお断りすることもあるぐらいでした。

あの時お断りしてしまったお客様、大変申し訳ありませんでした。

また違う機会にでも足を運んで頂ければ幸いです。

 

まずはマウアさんのお弁当について。早々と完売してしまい、ありがたいやらすごいやら。

それだけ皆が待ち望んでいるんだろうなぁと強く実感しました。来週にはグランドオープン。どれだけ賑やかになるのか、それが楽しみです。

中身もとても美味しそうでした・・・早く自分も食べたい!

 

怒涛のオープンアトリエを終えて、そのままカンダマチノートの空間ではサンビル交流会が開催されました。

サンビルの実行委員の人達と出店者さんの緩やかな交流。。。緩やかかなと思いましたがとても賑やか!

それだけ語ることがあったんだなぁ。自分も含め、カンダマチノートの入居者さんの何人かは一緒に混ざらせてもらい、交流させて頂きました。

自分は普段、営業時間の絡みからサンビルに行くことが出来ないのでこうやってちゃんと時間を持って話が出来るのはとてもありがたい。

いろいろと刺激を受ける部分もあったり、モチベーションを上げる出会いもあったりと得るものがとても多くありました。

企画してくれたOさんには感謝だなぁ。

 

そんな怒涛の一日。その疲れが出たのか今日までブログが全然書けなかったけど本当に濃密な一日だった。

この日の出会いを含めて、また面白い発展が出来る日を作っていきたいなぁ。