カフェと喫茶店の境目

こんどうみきさんのリトルプレスからここのことを知って早何年。。。

すっかり老舗感の漂うお店となっています。

中は壁が大分色褪せてきたけど、中に含む雰囲気はそのまま。変わらない姿にどこかホッとする自分がいます。

音楽はいつもながら浮き立つリズム。一人でのんびりしていてもウキウキしていたりします。

今回はバナナジュースを。最近生のバナナジュースが駄目になってきたかも。飲んだあとイガイガするのです。何か原因があるのかなと調べてみたら分解する成分があるみたいですね。バナナ以外にもいろんな果物で同じ現象が起きるとか。ここ数年熟した柿を食べると同じようなことが起こっていたのでこれもバナナと同じなのかな?他の人にも聞いてみるとアレルギーでは?という話もあるので調べすぎないで適度に問題があったら医者に行こう。

 

タイトルとは全然関係ない話になってきたな。10年以上続けると、カフェと洒落た世界であっても角がとれて丸くなる気がします。

そうして行く先が自然体で行ける喫茶店という形になるのかな?そんな風に考えると喫茶店はカフェの進化した姿なのかもしれません。古いというイメージがある喫茶店ですが実はカフェの先にあるもの・・・そう考えるとちょっと面白く感じないでしょうか。

Enzaを楽しむ。

昨日は夜から12日からオープンする「Enza」のレセプションに参加してきました。

オーナーの林さん、岡田さん。良い笑顔。おめでとうございます!

 

中はちょっと大人で落ち着いた雰囲気。真ん中には肉を熟成するスペースが。この肉達は間近で見ることが出来ます。あまりこうして見る機会はないので肉を眺める・・・なんだか不思議な感じがします。

 

一人で行ったのですが相席で山本佐太郎商店の山本さんとご一緒することになったのでがっつり食べさせてもらう流れになりました。

まずは前菜で8種の野菜を。夏のなので酸味を和えた野菜が心地良い。写真だとキノコが美味しかった!

 

次に来たのがオススメのカルボナーラ。パスタ麺がでかい!とにかくでかい!きし麺も長いなぁと思っていましたがそれ以上の大きさです。すするというより噛り付く食べ方。食べごたえ満点でした。

 

あと、4種の肉と鮎とトマト、魚醤を使ったパスタ。肉も美味しかったのですがこの鮎のパスタが美味しい!魚介類のパスタというのはボンゴレなどで馴染みがありますが魚の味わいを堪能できるパスタは初めてかも。スルスル食べちゃってます。

 

こちら本日のスープ、この時はニンジンの冷製スープ。上のソースはパセリのソースとのこと。ニンジンはえぐみが無く、甘みがしっかりと感じられて一種スイーツのような味わいで頂けました。岡田さん達のもう一つのお店、ミツバチ食堂でもそうだけどほんとこちらのニンジンは好きだ。

 

どーーーーーーーーーん!どーーーーーーーん!!!

THE・NIKU!!!!!!!!

レセプションということかいろんな肉を焼いたものがプレートに乗ってやってきました。ここから欲しいものを選んでお皿に移してくれました。肉はどれもうまみがしっかりと感じられ、くどさも無く食べやすい。

薪火を使っているので表面には炭の匂いもして食欲が増します。うまいぞー!

 

 

大満足の時間でした。Enzaは円座。人が囲み店を造り、店が囲んで街を造る。街が囲んで人が集まり、そしてまた巡り、、、

柳ケ瀬を盛り上げようとするお二人の気持ちが詰まったお店だと思いました。

 

長く長く巡るように自分も楽しんで行きたいと思います。

12日の土曜日、18時から「Enza」始まります。

 

FMわっちに出演してきました。

昨日のお休みは人生初のラジオ生出演してきました。

星時のイベントでたびたびお世話になっているヨガインストラクターの早川さんの紹介を受けての今回。事前に少し打ち合わせをしていましたが本番になるとあっという間に頭から内容が吹き飛びました(^^;

 

でもそこは経験豊富な方々、FMわっちのアナウンサーさんや他の出演者さんからいろんな助け舟を頂けたので何とか・・・きっと何とか出来たと思います。

出演して分かったんですが、みんな頭の回転が速い!とっさに振られた内容に対してキレイに返す姿にちょっと憧れが。

 

自分が参加させてもらったコーナーは思い出の曲。CDを何枚か持って行って流して頂いたのですが選曲が大分マニアックだったけどあれで大丈夫だったのやら。でも自分には思い出深い曲なんですよね。なのでそこは許してもらおう。

 

FMわっちは地域コミュニティラジオで柳ケ瀬界隈に流れているラジオだから地元の人に少しでもお店のことが伝われば良いのだけれど。少しずつ少しずつ知ってもらわなければ。

 

きっかけをくれた早川さん、許可をしてくれたFMわっちの皆さん、そして一緒にいた出演者さん、聞いてくれた人達に感謝です。

 

新入荷フリーペーパー

最近バタついてあまりフリーペーパーの紹介できなかったので遅れましたが紹介など。

こちらは北海道から届けてもらったイララ。イラストが多めで見ているだけでも楽しめます。表紙もかっこいい。

投稿してもらった作品に関して編集部の感想があったりと評価も含めているので投稿した人にとっても面白いかもしれませんね。

こちらは山のフリーペーパーPO!さんからオススメしてもらったyumetunaという一冊。

夢と切なさを扱っていて読んでいるとちょっと郷愁な気持ちが浮き上がります。文章量も多いのでのんびり読むのにオススメ。

こちらは奈良県から送ってもらった、ならほるもん。バックナンバーを見させてもらうと早7年ぐらい。自分がまだ関西にいた時から発行されていたとは!全然気づけなかったなぁ。当時でもきっと気に入る作品なのに・・・

テーマに沿った内容で今回はエクスタシー。言葉の響きとは違って別にエロさはありません。いろんな気持ち良い体験はありますよね、そんな面白さが載ってます。

 

以上3つですが、まだまだたくさん届いてます〜。無くなることで新しいものも補充できますのでがっつり持っていって下さい!

書籍「地方に住みはじめました【岐阜市編】」に掲載されました。

岐阜駅から程近い場所にある「サカダチブックス」さんから新しい書籍が発売されました。

 

「地方に住みはじめました【岐阜市編】」

東京出身、大学で長野に渡り、就職で今年岐阜に来た杉田さん。岐阜という情報が一切ない杉田さんから覗く岐阜の姿とは・・・

 

杉田さんが感じた岐阜のこと・岐阜市のこと。また杉田さんの他、県外から移住された方が集まって行われた移住者座談会。などなど地元民から見るととても新鮮で面白さを感じる一冊です。

 

県外から遊びに来る人には岐阜駅から巡る、旅のMAPとして。岐阜の人には、今を覗くものとしてとても役立つものではないかと思います。もちろん岐阜の人にも遊びに巡るMAPとして活躍できると感じています。


星時の掲載はこんな感じ。ページのメインはここからちょっと北にある「ヨジハン文庫」さんとなります。あのツダさんが承諾した!と個人的には驚き。杉田さん大金星ですなぁ。

 

岐阜市ではアラスカ文具の他、やながせ倉庫団地、美殿町の「徒然舎」さんで購入可能です。他、全国でも購入できます。

以下のサカダチブックスさんのリンクから参照できますので岐阜市外・県外の方はこちらをどうぞ。

http://sakadachibooks.com/?p=18159

 

どうぞ本を片手に遊びに来てください。