スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

もう3月。。。新年度のことを考える

カンダマチノートの前にある花壇の内、右側はご近所さんが監督していろいろ植えています。一昨日の夜にせっせと新しい花を植えていました。道路側には何十個ものチューリップが。きっともう少ししたら彩鮮やかな風景が見られるんだろうな。楽しみです。

 

最近はこんな風にインスタグラムで簡単な文章で投稿したことをこちらのブログにてもう少し掘り下げたり、話の前置きにしたりとしているのですがかなり自分のリズムにあっています。これからもこのままやっていこうかなと。

 

さてタイトルですがもう3月です。1年の6分の1が終わってしまいました。また今月が終わればとうとう星時の一年目が終わります。この辺の振り返りはまた後日にしておこうと思います。長くなりそうですし。

 

振り返りでなく、次のことですね。2年目です。正直まだまだ不慣れなことばかりですね。

その上でどうしていくか。つい昨日にはお客様から「まだまだアグレッシブさが足りない」と言われて、考えたりしているのですが慎重に堅実に行こうと思います。考え所ではあるけれどまだまだ一人で動くという前提で進めているのでやれる範囲で動くのが良いかなと。

 

こうして一年動いてもまだまだ認知度も足りないですし、地道に外に出て宣伝して行くのがまずは大切かなと。

そう思うと今年も休みの日に飛び回っているかもしれません。いろんな所でお会いするかもしれませんがどうぞ宜しくお願いします。

全力で遊ぶ

ここ最近ブログをアップすることが出来ませんでした・・・

休みの日は基本しないのですが、平日の日が落ち着いてしまったのは残念。

という訳でここ3日ほどのことなど。

 

こちらは火曜日の夜のこと。いつものメンバーで食べる月一ご飯会「腹ペコ会」

今回はちょっと遠出をして笠松の「bar&cafe tamako」さんで開催することになりました。

tamakoさん初のコースのお願い。下手にバラバラで頼むよりそちらの方が準備も出来て楽かなと思い最初提案したのですが、そもそも予算を組んでやられることが初めてとのことだったので逆に今回はバタバタさせてしまったのかなぁと。それでもとてもステキな料理の数々に飲み物を飲んでワイワイと楽しく過ごさせて頂きました。そしてここで出会ったチラシが明後日にもつながることに・・・

 

iPhoneImage.png

こちらは水曜日の夜。またしてもご飯会(笑)今回はカカミガハラスタンドさんのスタッフさんと。

普段イベントなどで軽くお話させて頂くことがあるのですが、こうしてゆっくりとした時間の中でダラダラと話す機会は初めてでしたのでいろんな面を見ることが出来てとても楽しかったです。

お店を変えて飲み歩くことがほぼなかったので今回の注文スタイルがとても新鮮だった!これは1人歩きでも使えそうだなぁと。

 

そして昨日。柳ヶ瀬の古道具を扱う「mokkumokku」さんと古着を扱う「palette」さんと3人で一日古道具巡りの旅を。

前々からここ行こうあそこに行こうと考えていたので、もう完全に旅行気分です。

 

一件目は関のユーカリさん。もうかれこれ何年ぶりか。まだ原付がなかった時代に電車に乗ってのんびり訪れた記憶があります。

あの頃よりもずっと洗練された空間で置かれている商品達も興味引くものがたくさんありました。

こういう使い方もあるのか〜と感心させられるものも多々。

 

2件目、関の喫茶ママンヌさん。毎月期間限定でオープンされてます。

まぁこの空間の使い方よ!素晴らしい!工夫することで大きな工事をすることなく普通の部屋をここまで変えることが出来るんだなとビックリしました!3人ですげーすげーと言い合っておりました。

こんな昭和レトロなんだけど世界観は大正まで行きそうな気がします。

 

カフェラテと合わせてチーズケーキを。こってりとしたコクとくるみのふわっとした香りと歯ごたえ。

とても相性が良くペロッと食べてしまいました。同席の2人はシナモントーストを。これがまたでかい!食べ応え満点だったみたいです。

窓際にいたせいか日差しが暖かくまだ昼前なのにすでにウトウトしてきました。

 

3件目、可児市の弥哉さんへ。お皿を買いに行って以来なのでちょうど一年ぶりぐらいです。あの時だっこされていた娘さんが元気歩いて話している!それだけ何だか嬉しくなりました。

弥哉さん達とお話しながら気になるものがないかちょっと拝見。シュガースティックなどを入れる容器を探していたのですが、おっ、これは良いというものが見つかり、他にも気になるものがいくつか。それも買わせてもらって早速利用させてもらっています。

1年ぶりでも変わらない雰囲気はありがたいですね。

 

道中でちょっと休憩して最後、峠の幌馬車さん。まぁ素晴らしいの一言!

岐阜の田舎の空間に素晴らしい古道具の世界、アメリカンの空間が!これは実際見てみないと感動をうまくお伝えできないです。

それぐらいインパクトがありました。mokkumokkuさんと繋がりもあり、みんなでストーブを囲んで日が暮れるまで延々と話しておりました。それがまたキャンプで火を囲んで話すようで、その空間・時間に引き込まれていって離れがたくなるんですよね。

結局2時間以上ここにいたのかな?それでもまだまだいたくなるような本当に素晴らしい場所でした。

今度は原付に乗って遊びに行きたいなぁ。

せっかくなのでステキなゼンマイ時計を一つ購入。今はお店でカチコチと振り子をならしております。

 

そんな3日間。ここ最近でこんなに動き回ったことはなかったんじゃないかなぁと思うぐらい動き回りました。

でもその一日一日にとても得難いものがあり、満足しております。

本当に楽しかった。

最近のこと、いろいろ

あまり書くことが思いつかなかったので最近インスタであげたものについて書こうかなと。

写真は今日もやっているJR岐阜で開催されている長良川マルシェに出店している「マウア」さんのおにぎりと総菜。

懐かしい味だなと思うとともに、やっぱり美味しいなぁと食べていてしみじみ思いました。

こちらのお店は長らくお休みしていたけど4月の下旬から再スタートします。自分が初めて出張コーヒーという形でやらせてもらったお店でもあるのでとても大切なお店でもあります。

きっとオープンした時には大勢のお客さんに祝福されるんだろうなぁ。

 

こちらは大分装いが今と違いますが、柳ヶ瀬・ロイヤル40に入居している「四角商店」さんです。

柳ケ瀬ドンキホーテの斜め向かいにお店を構えてからの交流ですが、不思議とご縁が繋がっていて個人的に不思議だなと面白いなぁと感じています。

明日のサンデービルヂングマーケットからグランドオープンなのでいろんな人に足を運んでもらえたら良いなぁ。ステキなものがたくさんありますよ!

 

そしてこちらは月一開催される「マニマニ会」

柳ケ瀬の中にあるホステル・マニマニが主宰するもので、参加費300円と各自がおいおいと持ち込んだものをつまみにしながら、ダラダラと話しをしています。

2回目なこともあってか初めましてな方もたくさんいて、それもまた面白い。鍋もみんなでつつくとまた楽しい。

3月も行けたら足を運びたいなぁ。

街中に店を構えることの良さ、シェアオフィスの良さ

この前のビジネス支援セミナーで話したことと被るのですが、入居して感じる街での店を作るよさ、シェアオフィスで店を構えることの良さなどふとまた頭に浮かんだので書いていきます。もしかしたら前にも似たようなことを書いたんじゃないかなとも思うのですが、もしかしたら微妙に変わっているのかもしれません。

 

今回は一点のみです。あの場では長い言葉で話していたのですが、端的に伝えるとコミュニティに属することが出来るというのが大きな魅力なんじゃないかと思います。

 

年中忙しい魅力的なお店もありますが、繁忙期・閑散期というお店もあります。

飲食店では2月の寒い時期は人が動かなくなり、年間の中では閑散期となります。

 

大箱のお店だと来客の母数が多いので少ないながらもある程度の人の流れを感じることは出来ますが、小さな個人店だとお客様が片手で数えるぐらい、ひどいとゼロなんてこともありえます。

そんな時はどうしても「大丈夫なのか・・・」なんて不安に駆られたりします。

 

でも、コミュニティに入っていると違う場所のお店の人からお客様を紹介して下さったり、境遇について話し合うことが出来たり、時にはアドバイスも頂いたりします。

この「他の人と話すことが出来る」というのが案外馬鹿にできず、かなり大きな支えになります。

シェアオフィスなどだと近い立ち位置の人も多いのでより共感する部分も出るかもしれません。

 

良い時には楽しみあい、悪い時には励ましあう。

傷のなめあいではダメかと思いますが、視野が狭くなって動けなくなってしまうことは少なくなると思います。

 

2人以上でやるお店だとこういった精神的なものはあまり感じないかもしれませんが、1人でやるようなお店だとこういうことは一度は起こること。

そういったネガティブなことを少なく出来るというのは街中で店を構えることの良さではないかと。

 

自分は大分助けられています。有難いことです。

 

文が中途半端ですがこの辺で。

興味の先へ

カンダマチノートの4階に入居している芸術家の渡辺くん。

彼の作品はとても個性が強い。灰汁が強いとも言えます。好きか嫌いかがはっきり分かれるんじゃないかと思います。

入口から2階へと上がる階段の壁に描かれた絵は彼の作品ではあるんだけど、かなり個性を薄くして描かれたものでもあります。

それでもちょいちょいと彼なりの作風を載せているのはとても彼らしくて面白い。

 

個人的にはアミニズムの様な世界感を感じ、見ていて強烈なインパクトを与えてくれる。逆に強烈過ぎて作品を身近な場所に置いておくと意識してしまいそわそわしちゃうかもしれない。

彼の作品は広い場所が本当に似合う。どんどんと大きな場所へ飾られると良いなぁ。

 

 

彼の話もそうですが最近またいろんなことに興味を持つようになりました。軸となる興味は変わらずですがそれに枝葉をつける形が近いです。こうしてお店をしていたり、イベントに参加するようになってから再燃したというか。いろんな方からいろんなお話を聞く機会が増えました。

そうすると知らないことがなんと多いことか!単語として知っていてもそれだけなんですよね。その先を知っている人の話を聞くと実はそうだったんですね!なんて思うことが多いです。この辺の興味の湧く流れは自分がリトルプレスやフリーペーパーを手に取って読む楽しさに似ているかもしれません。

 

そうしている内にいくつか「やってみようか」という流れになりまして・・・

3月はいろんなイベントが目白押しになりそうです。紹介するのも楽しいですがそのイベントに関わり、自分も体験できるのがとても楽しみです。

どうぞ来月をお楽しみに。