スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

味のある文字と空間        

玉宮方面から柳ヶ瀬に入る道路横にある平井という暖簾。。。

気になりながらも中が見えないので入らなかったのですが勇気を出して今日は中へ!

 

あ〜良いです、この空気。おばちゃんちに来たような緩い空気。

自分の他にもお客さんが来てたけど知った顔といわんばかりに悠々と入って注文を。長くやっているとこういうやりとりもありますよね。

 

味噌煮込み卵入りを。まだちょっと寒いので味噌煮込みを見つけるとつい頼みたくなってしまいます。

美殿町にある田毎さんとは麺がちょっとちがってこちらはきしめんタイプ。コシのある硬いものでなく柔らかくてちゅるんと頂けます。

揚げをハフハフしながら食べるのも良いですね。

 

店内に貼られたメニュー達。”ん”が素敵です。ぐりゅん!と最後の流れにグッときます。
こんな字が書きたいなーと思うけどまずは書かないと始まりませんね。
柳ヶ瀬周りのランチはお手頃なのが多くて助かるなー。

ゲストハウスに泊まろう!


一昨日はカンダマチノートでの最後のギフバル。家を出る前から遅くなるんだろうなぁと思ったので少しホテルを検索。

柳ヶ瀬の中にあるゲストハウスにでも泊まろうかなと思ったら川原町近くにも新しく出来てるじゃないか!
そんな発見したら行くしかないとすぐに予約。3連休だけど空いてて良かった。


ちょっとした古民家を改装した中は手作りで溢れています。
チェックインしてからはダラダラとオーナーさんの奥さんと話して共通点があったり盛り上がり。

そのあとは昼のギフバルでお腹が苦しかったので落ち着くまで寝てました。

その間にも他の宿泊客が来るけどなかなかに面白いメンバーが。

全国自転車一週中の男の子。
メディアコスモスを建築目的で見に来た人。
日本酒大好きトレッキング女子。
県美に作品を作りに来た人。
コンサートをしに来たチェロ奏者。

などなどあげていくと枚挙に暇がないですね。
ついこの間には全国大会に来た県外の落研な方々が泊まったとか。しかも優勝者がそこから出たとか。

そんな人たちと何気なく話せることが出来るのはゲストハウスの魅力だなあ。
ビジネスホテルとかでは確実に出来ない。


あっという間の一泊。
朝起きて早々と出る方を見送って、自分もしばらくしたらチェックアウト。
ゆるく楽しい交流時間。
皆々さんが岐阜を楽しんでくれたらいいなぁ。

くじらや

カンダマチノートから歩いて10歩、くじらやさん。


中は小さく10席ほど、ランチは肉定食と魚定食がメイン。
こったものでなく、たっぷりの家庭料理なお店です。

野菜が食べたかったので肉野菜炒めの定食を。
この小鉢がいいよね、ちょっとうれしくなっちゃう。
ご飯と普通が多め、食べ終わった時にはお腹はもういっぱい。

ご馳走様でした。

古物探し

岐阜駅から柳ヶ瀬に向かうとあるこちら。
この辺りで遊んだり仕事したりしてる人で入ったことがある人はどのくらいいるんだろう。

お店の名前も無く、ガレージセールありますというざっくばらんな文字が書かれた看板が1枚掲げられているぐらい。
見える範囲にはいろんなおもちゃがあって中に入るのは勇気がいるかもしれません。

でも古道具、レトロなお皿やカップが好きな人にはぜひ訪れて中に入ってみて欲しい。

奥にはこんな世界が!
明治・大正・昭和辺りのお皿や碗、カップなどがとてもお値打ちに積まれています(並べてではなく文字通り積まれています!)
ノリタケ、白山陶器、ストーンウェア・・・

通う中でそんな有名メーカーの作品も買うことが出来たり。

一言伝えて新聞を広げたり、段ボールを開けたりして好みのものが出てきた時の嬉しさといったら!
何回いっても楽しさは尽きません。

身近な宝探しはこれからも続く。

かっこいい大人


先週、柳ヶ瀬の中で行われたトークイベントに参加してきました。

柳ヶ瀬商店街の組合理事長と沼津の商店街の組合理事長のお話。
誘われたのでなんとなくだったけれど思いの外興味をそそられて、後半になるにつれ意識がはっきりしてくる自分の中では楽しかったなーといえる内容でした。

その中で個人的に引かれたのは「かっこいい大人」というワード。
そこにいる人に惹かれていろんなものごとが集まっていくんだろうと感じました。

自分ももう年齢としてはいいおっさん。
かっこいい大人としていれるのか頑張っていかねばなぁ。