夜空はめぐる

昨日はお店が終わってから久しぶりに夜空カフェに遊びに行ってきました。

長らく行っていなかったのですが、最初のメンバーと今のメンバーは違っていたんですね。で、今回はその初期メンバーが復活してやりますという内容もあったようです。

 

時間が19時からだったので自分が行った時にはこんな風に大盛況!多分初期メンバーがいる影響なのか「お〜久しぶり!」という言葉がいろんな場所から聞こえてきます。自分も歩いていたら久々に会う友達がいたので声をかけて喋っていました。

 

もちろん屋台の方にも顔を出し・・・一宮のCASAさんのラスイチおにぎりをGET!!具なしのおにぎりだけど美味しい!

なかなか行けないけれどお店の方にもきちんと遊びに行きたいなぁ。

 

そうしている間にハッピーバースデータイム。

その月の誕生日の人が前に集まって会場のみんなで歌を歌ってお祝い。何気にかなり好きなコーナーです。子供は純粋に喜んで、大人はちょっとはにかみながらも喜んでいて。良いですね〜。

 

会場の隣ではライブペイントも開催されています。絵描きさん、当たり前ですが真剣です。こういうのを見ると大阪にいたときのアートイベントを思い出す。岐阜のイベントにも顔を出していきたいな。

 

ガラパゴスコーヒーなるものを頂く。フードにやながせカレーの文字も。懐かしいなー、最初遊びに行ってた時よく食べてました。毎回お客さんの意見を聞きながら味を変えていたんですよね。今はどういう味になったんだろう。

コーヒーは酸味があるということだったけど苦みもきちんとあってバランスよく楽しめました。

 

ライブもバンドが変わってさらに盛り上がり!クラップハンドの時はお客さんも一緒になって叩いてる!CMとかで流れている有名だよ!と友達に聞かされたけどTVをあまり見ない自分。。。知らんかった。でもノリの良い曲で楽しかった!昔ベースを部活で触っていたのでベースの人がとても気になる・・・

 

 

こちらやながせドリンクブース。今回はいろんなコーヒーを飲めるということで遊びに。

 

ベースコーヒーさん、The CUPS、ボンタインコーヒー。それぞれの水出しコーヒーから2つ飲み比べが出来ます。今回はベースコーヒーさんとCUPSさんのものを。2つとも深煎りだけど豆か焙煎か、CUPSさんの方が苦みの中にほんの少し香りが際立つ感じがして好み!水出しの飲み比べも面白いな!

 

そんなこんなで会場を満喫して、明日の仕事も考えて途中で帰宅。ワクワクする時間を堪能させてもらいました。

初期の頃から数えるともう4年になるみたいですね。人も変わり、内容も変わり、いろいろ動いていると思うけれど、そこに集まる人がいるならさらに面白くなっていくのかも。近くにお店を構えることが出来たのでまた時間を見て遊びに行きたいな。

たまにはミーハーに

最近ちょい遠目の場所へ遊びに行こうと計画してます。今回は最近オシャレなカフェが増えてきた犬山へ。

駅から徒歩0分のCOOKIE&COOKIEさんへ。Eight Designさんが手がけているクッキーカフェですね。

駅からすぐ近くにあるとほんと便利ですよね。特にこの日は暑かったので「まずは一杯!」と駆け込めるのでありがたい。

クッキーはたくさんの種類があってちょっと迷ってしまう・・・((+_+))ドリンクはパパッと決まって簡単なんですけどね。

お店雰囲気はEight Designさんらしいちょっと可愛らしいファミリー向け感じで、入りやすかったです。旗も飾ってあって小さい子供さんたちは好きなんじゃないかな〜。

今日はラズベリーのクッキーとアップルジュースを。もうすでに体が火照っていたので冷たいジュースが体に染み渡る。

助かったー。


スタッフオンリーの扉。DIYしている人たちはこの木材使っているのが多い気がする。安くてお手軽なのかな?

でもこの木材の見た目が個人的にはコラージュの様で好きなのです。その時の気分で見えるものが違ってきそうでとても面白い。

うたらば届きました

大阪から短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」が届きました!

ツイッターで見て一気に心惹かれて連絡してみたらすぐ送ってくれました。有難い!

 

その時のテーマに沿った短歌を集め、写真と合わせる。個人的にはあまり見かけない形だったのでとても心に残りました。

テレビでも最近短歌が取り上げられているものもあり、短歌という存在の露出が増えているなと思っています。

日本人とツイッターの親和性が高いのも短歌の下地があるとかなんとか。

 

今回のテーマは「食べる」食べることが好きな自分にはトキメク一冊。読んでみても写真があることでより想像が膨らみます。

いろんな面白いものがあるなぁ、ほんと。

マニュアルの言葉

最近はめっきり暑くなってアイスの割合が多くなってきました。出ないといってラテはやってないと感覚が鈍るので一日一回はやっています。

ラテをするのでもちろんエスプレッソを落とすのですが、こうして触っていると昔のエスプレッソの教則本を思い出しました。

ワンショット何gのドーシング、ラベリングで水平に、タンピングは垂直に20圓魄媼韻靴董ΑΑΔ覆匹覆1つの動作に茶道の所作のように決まり事が書いてありました。

 

昔の勤め先で働いていた時は業務用のセミオート、電子基板なども組み込まれた割と新しい型。それで抽出している時は正直この教則本の通りでなくても比較的安定したエスプレッソが出ていたと思います。

なのでそこまで意識していなかったのですが、今使っているマシンだとまー安定しない。最初なんでだーなんでだーと考えていたけど結局は教則本の所に戻ってきました。全部が全部同じというわけではないのですが核となる部分はそこになるなと。

 

エスプレッソマシンが世に出て何年も過ぎながら蓄積された知識。先人の言葉は大切にしないと駄目ですね。

最近はそんなことを考えてます。

bench

takaku miho

写真とそれに合わせた言葉のリトルプレス。

ページ数も少なく、文も少ないので言葉を思い浮かべながら写真を見てストーリーを想像するのが楽しい一冊。

この本で出てくるベンチたちはどこか寂しい背中を感じさせます。ベンチの置かれた場所がどこか廃れてしまったような場所だから。

でもそこに立つベンチたちはどこか気高い雰囲気もあるのです。光を受け、周りが色褪せる中に独りピンと立つ姿は凛々しさを感じさせます。中にはボロボロの木のベンチもあるけれど、座る所ははっきりしている土台はかくしゃくとした老人の様。

 

今はこうした連なるベンチというのは新しい姿ではあまり見ない気がします。電車やバスの停留所で見かけたりしますが古いものがほとんど。新しいものはあるのかな?

センチメンタルな思いを駆られながらも背中を叩かれるような気にもなる。