お知らせ・持ち込みについて


星時に来るお客さんからよく「ご飯とかやってないの?」
という問い合わせを頂きます。ケーキの仕込みで手一杯でなかなかご期待に添えないというのが現状で、大変申し訳なく思っています。

そんな中、他のお客さんから「パンシノンさんのパンって持ってきたらダメかな」というお話しもあり、パンシノンさんとも相談してきました。

その結果、星時では開店から14時までの間であればパンシノンさんのパンに関して持ち込み可とします!(要ワンドリンクオーダー)

パンシノンさんのパンをランチですぐ食べたいけど店内がいっぱい!そんな時はぜひ星時までいらして下さい。


※その他、アレルギーをお持ちのお子様のフードに関しては常時持ち込み可とします。出す際に一言お声がけ下さい。

出会っちゃったなー。

タイトルは以前いた勤め先の忘年会で、アルバイトの子が初めて飲んだ酒の中にものすごい好みがあった時のひとこと。

 

久しぶりに一宮方面に行こうといろいろと調べていたのですがそこで見つけたこちら。

行って中に入って窓を見た瞬間にタイトルの気持ちになりました。


喫茶店として長くなられていることもあり、机や椅子は年季が入っています。でも綺麗に手入れされていてボロボロ感がないのでとてもステキです。カナディアンハウスの形だけど自分の知るカナディアンハウスの喫茶店は天井は高くて好きだけど窓が小さくログハウスの様な造り。そういったものに比べるとここは窓が大きくとられて光も綺麗に入って気持ちが良い!

一種、教会のようにも感じられて神戸のフロインドリーフさんが思い浮かべられました。あっちは真っ白なんだけどね。

でもほんの少し神秘性が感じられる所が似ている気がする。


上品であってもそこは喫茶店。地元の人が老若男女問わず来店しています。個人的にはそこが良い!

誰からも愛される空間には憧れがあり、来る人働く人、その場にいる人を見ているだけで気持ちが良くなる。

また一宮に来るときはぜひとも寄りたいなぁと思う。

 

旧尾西の地域はラパンアジルさん含め、見えないけれどすごいお店がたくさんあるんじゃないのかなとここに来て思うように。

原付に乗ってもっとこの辺は楽しんでみたいなぁ。

住人の仕事

今月のカンダマチノートのミーティング。先月のオープンアトリエの感想から最近のビルのことなどいろいろと話しが行われました。

その後、5階の部屋を借りているIさんからカンダマチノートの新しいサイトについてプレゼンが。

合わせてWEBデザインの仕事って何?なことも教えてもらう、ぷち大人の学校が開催。全部で30分ほどでしたが、そんな短い時間でも新しいカンダマチノートのサイトの意図、WEBデザインの仕事って実は裏でこんなことしているんだよってのが分かりやすく教えてもらえました。

 

どんな仕事でも実は大変なんだなぁと思う。特にここのビルに入っている人達はみんなそうなんじゃないかな。作品という最後のだけしか表では見ることが出来ず、そこで評価されていくんだけど。そんな人達の裏側をのぞけるここはそういった意味でも面白い。

 

そんな5階のIさんが作ったカンダマチノートの新しいサイト。宜しければご覧ください。

 

カンダマチノート

http://kandamachinote.com/

三人寄れば文殊の知恵?

以前勤めていた豆屋珈琲の方からカカミガハラスタンドで外部の人が参加できるミーティングイベントがあるよーと聞いたので早速予約、遊びに行ってきました。

久々に来る各務原学びの森。早めに到着したのでぶらーっと散歩して時間をつぶしていましたが最高に気持ちが良い。

歩くにちょうど良くて曇りも相まって過ごしやすい。たぶん予定とか無かったらそのまま歩き続けることができるんじゃないかな。


そうこうしている内に時間にもなったのでお店に入って待機を。しばらくするといろんな人がぞろぞろと・・・以外に多いぞ!

第一回ということもあってか最初は探り探りな感じだったけど一つの議題が浮かび上がるとそこからはどんどんと話しが膨らんで盛り上がっていきます。司会の人が「こういうのって何で終わり掛けに良いアイデアが出てくるんでしょうね(笑)」と言ってたけどほんとそうだよね。

こうして時間がきっと伸びていくんだろうな(笑)

いやー楽しい時間が過ごせました。

散歩中に学びの森を一枚。親戚に庭師がいるからかどうかは分からないけどこうして手入れされた森を見ていると整備している人たちにすごいなぁという気持ちがしみじみと湧いてきます。

人と自然の身近な共生という世界が広がっていて池や芝生、どの場所を見ても細かに手が入っています。人が手を入れなければこの空間もきっと入りづらい場所になっている気がします。そんな風に考えているとまさに「学びの森」だなぁと思ったり。

コンサートを終えて

昨日は松崎由香さんのミニコンサートが開催されました。ご来店頂いたお客様、誠にありがとうございます。

また、開演の為、喫茶に起こしに来れなかったお客様。大変申し訳ありませんでした。また足を運んで頂ければ幸いです。

 

初めてのイベント、豆屋珈琲店にいたときと違い自分が一番の責任者ということで思った以上に大変でした。

終わったらドーっと体にきました(笑)でもそれ以上に久々にしっかりとした達成感を感じることが出来、開催出来て良かったなと思います。

 

松崎さんの演奏はとてもステキで、何だか童話の世界が心に広がる。

ある曲では町の風景が、また違う曲では草花の芽吹きが、聞く中で移ろいでいく。
音楽の楽しさをまた改めて感じ、直接聞くことの面白さを実感させてくれた。

空気の響き、感情の響き、周りの人の響き。そこだけで感じることができる世界があるというのがライブの魅力なのかも。

本当に良かった。


今回コンサートの為に用意したケーキ。出来上がってからミニタルト?と思ったのは良い思い出になってます(昨日のことだけど)

ホールで仕上げるものでなく、セルクルを使ったタルトは今回が初挑戦。面白いなと思うことと難しいぞこれ!と思うこといろいろあり、これだけでも得るものがあり良かった。

 

またこんな機会があれば挑戦してみたいと思う。この機会を作ってくれた早川さん、松崎さんに感謝を。